長篠・設楽原古戦場ツアーに行ってきました!We made a tour of Nagashino battlefield!

みなさん、こんにちは。

7月7日(日)、市観光商工課主催の「第30回設楽原決戦場まつり見学ツアー」に
参加してきました。

私が松里中学に通っていたころのことです。愛知県新城市(しんしろし)の人々が400年以に渡って、いわゆる「長篠の合戦」で戦死した両軍、とりわけ武田軍の御霊を供養するため、毎夏お盆に大きな松明を持って踊る「火おんどり」をNHKの番組「新日本紀行」で見ました。それ以来ずっと行きたいと思っていました。ついに、今回その願いが叶いました。我らが地域のご先祖鎮魂の旅だと思い、黒のジャケット着用で参加しました。

信長・家康連合軍は3万8千人。対する武田軍は1万5千人。連合軍は馬防柵を建て、千丁ともいわれる大量の鉄砲を用意。そこへ武田騎馬軍団が幾度となく波状攻撃をかけた結果、連合軍の戦死者6千、武田軍のそれ9千という結果になり、勝頼公は命からがら信州まで逃げ延びたわけです。

この時、勝頼公は29歳でした。勝頼公が無能な武将ではなかった証拠は、その後武田家が大和町の天目山で滅亡する7年の間に、信玄公以来最大の領土を獲得したことでもわかります。

しかし、この戦いで勝頼公は、撤退を進言する重臣の意見を聞かず、山県昌景、馬場信春、内藤昌豊、真田信綱・昌輝、原昌胤など信玄公を支えた多くの重臣が水杯の後、皆壮絶な討ち死にを遂げています。

戦闘は午前6時から午後2時ごろの間だったと伝わっています。

設楽原の馬防柵の前で撃たれる鉄砲の大音響を聞きながら、私は無念でなりませんでした。もし、勝頼公があの時重臣たちの意見を聞いていたら、武田家の運命も戦国の歴史も全く違ったものになっていたでしょうに。その時の一句です。

戦国の つわものどもの ときの声
いかまほしきは 聴く耳なりや

   As if to hear the sound of the battle cry in the period of civil wars,
   One of the highly desirable parts, if only I could, is to lend an open ear.

古戦場 薄暑の陽ざし 武者がゆく 
我はももとせ(百年) 生き抜く覚悟

 In the old battlefield proceed warriors in armor in muggy weather. 
 Would I be determined that I might live a hundred years.

400年の時過ぎゆきても、武田武士の勇猛さと戦いの悲惨さを語り継ぐ新城市の人々のやさしさに一番心動かされました。

甲州市と新城市の交流は半世紀にわたり続けられています。今後も市民相互の交流が進み、多くの方が400年以上前の戦場に散った将兵への想いを深くされることを希望しながら、ふる里甲州市へ戻ってまいりました。

それでは、また。
素敵な1日をお過ごしください!
See you.  Have a splendid day!
(A plus tard.  Bonne journe’e!)  

 

 

梅雨のあじさい寺 Hydrangea at Hokoji Temple in the rainy season

みなさん、こんにちは。

アジサイ(紫陽花):hydrangea は本来日本原産の花ですが、私たちが今目にしているのは、19世紀にヨーロッパから逆輸入された西洋アジサイであることをご存知でしたか。

中国に野生していたと思われる日本原産の「てまりあじさい」の苗木を、イギリスの直物学者がロンドンに持ち帰ったのがそもそもの始まりでした。19世紀、中国がひた隠しにしていた茶の製法と種を入手するために中国奥地まで潜入したのも、英国人プラントハンター、ロバート・フォーチュンでした。富を生み出す植物に対してヨーロッパ人は貪欲でした。

梅雨の時期になると私は、「放光寺」(甲州市塩山藤木2438)の紫陽花を見に行きます。先日行ったときはまだ満開ではありませんでしたが、梅雨の晴れ間の日の光に、ブルーの花がはえてきれいでした。

さて、先週の土曜日久しぶりに昭和町の「イオンモール」に行き、大変驚きました。館内が峡東地域では見たことのないほど、多くの人であふれかえっていたのです。しかも、行きかう人たちの年齢の若いこと。まるで新宿駅構内の通路を歩いているようでした。

本県の人口集中密度が甲府市以西に傾いていることは知っていましたが、改めて県内でも人口格差、経済格差が進行していることを感じました。地方はそれぞれ独自に発展します。10年あまりで、良かれあしかれ一変することもあります。

先送り行政から、ビジョンを基盤にした先回り行政で、安心と充実を図らねばなりません。汗をかき知恵を出して首長がリーダーシップを発揮する必要性を痛感しました。但し、財政規律を大幅に逸脱した放漫財政はNoです。

ところで、私の感想を裏書きするような短歌が「山日文芸」(6月17日)にありましたので紹介します。

半世紀前の 岡島思い出す 
  イオンモールの 土曜の人混み      甲府市 市之瀬 進

言葉の感性を磨こうと、私も近頃「短歌」を始めました。「短歌」は思想から誰もが共感できる日常の感慨までを、広く深く表現できる型式だと思います。

最後に私の拙い歌を一首。
半世紀前、我が家の日曜定番ランチだったカレーライスを思い出して。

日曜日 カレーを囲む昼下がり
   ラジオの音も ゆっくり流る

On Sunday were the plates of curry and rice before the whole table
  Also, slowly was flowing the sound of the radio 

 それでは、また。素敵な一日をお過ごしください!
 See you. Have a splendid day! (A plus tard. Bonne journe’e!)

 

 

 

 

 

 

恵林寺のよもぎ団子 dumpling of mugword in Erinji Temple

皆さん、お久しぶりです。

この間、畑で野菜を作り、英語塾を経営し、スクワットで筋肉をつけ心身を鍛えていました。おかげさまで体重は4キロも減り、人間ドックの数値も大幅に改善されました。

甲州市には誇れるものがたくさんありますが、「あんこ」好きの私が自信を持ってお勧めできるのは、恵林寺の境内東で売っておられる「よもぎ団子」です。
この団子のおいしさは既に多くの人の知るところですが、私はだいたい月に一度は無性に食べたくなり自宅から速足歩きで15分かけて買いに行きます。団子を食べる妻の顔を見ながら作った和歌を一首。

   恵林寺の よもぎ団子が君に来て
   息子に嫁いで くれる人ありや

To you came a piece of dumpling made of mugwort in Erinji Temple.
I wondered if anyone on earth would marry my son.

さて、今月一番考えさせられた政治記事は、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35歳)の発言でした。ビザなし交流の訪問団に衆議院の代表の一人として国後島を訪問した際に、「北方領土を取り返すには戦争しかない」と発言したわけですから、開いた口がふさがりません。太平洋戦争がどのように始まり、戦後70年以上もなぜソ連(ロシア)が北方領土返還に応じないか認識しているのでしょうか。少なくとも、憲法第99条にある憲法擁護義務を負う国会議員としての自覚は全くないと思われます。私は、先輩諸氏が営々と築き上げてきた「交流」促進の先にしか北方領土返還の道はないと考えます。数年前に市議会議員研修地として訪れた宗谷岬から見えた、サハリン(樺太)のことも思い出しました。そこでもう一つ歌を。

   うつせみの 世人あざむく せいじ人
   あらわれましや まごころの人

As temporal affairs go, politicians trick the people into believing them.
How I wish for a political leader of sincerity.

 それでは、また。素敵な一日をお過ごしください!
 See you. Have a splendid day! (A plus tard. Bonne journe’e!)

第2回「甲州市の未来を語る市民懇談会」 開催のお知らせ

 季節は春から初夏へと移ろいつつあります。昨年11月の市長選では多くの方にご支持をいただきながら次点となりましたが、下を向くことなく、今後もふるさとのお役に立てる人間になれるよう、器を磨いてまいります。

 偶数月末の水曜日の夜に、講師をお招きして甲州市の様々なトピックを学び、自由に語る会「甲州市の未来を語る市民懇談会」を開いております。どなたでもご自由に参加できますので、是非お誘い合わせてご参加ください。
 なお、2回目となる今回は皆様のご協力で、「甲州市出前講座」としての開催となりました。

1.日時:4月25日(水)午後7時~8時半
2.場所:甲州市中央公民館第3会議室 
3.講師:甲州市農林振興課 職員
4.演題:日本農業遺産と世界農業遺産認定に向けた取り組みについて